大工太平記 作品情報

だいくたいへいき

森繁久彌、藤田まこと主演の人情喜劇

太田三治は根っからの大工職人であった。三治は10歳になる息子伸一を、大工職人にするため、東京の友人井佐のもとへ修業に出す決心をしたが、その時、恋女房お浜に死なれ、伸一の東京行は一時延期となった。三治のやもめ暮しに同情した左官の木田万吉夫婦のはからいで、お文と再婚のため見合をすすめられたが、三治は、一向に気のりうすであった。お文は、玩具職人の亭主と死に別れた、朗らかで愛くるしい女であった。ある日仕事から帰った三治は、お文が女房然として、家の中でマメマメしく働く姿に度胆を抜かれたが、人のいいお文と、三治は、新しい世帯を持った。

「大工太平記」の解説

工匠平田雅哉の談義を、内田克巳が“大工一代”にまとめ、八住利雄が脚色、『四谷怪談(1965)』でコンビの豊田四郎が監督した人情喜劇。撮影もコンビの村井博。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督豊田四郎
原作平田雅哉 内田克巳
音楽山本直純
出演森繁久彌 藤田まこと 頭師佳孝 乙羽信子 中村玉緒 萬代峰子 松本染升 赤木はる恵 池内淳子 ハナ肇
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大工太平記」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-12-13 00:01:34

広告を非表示にするには