ミッシング 作品情報

みっしんぐ

名匠ロン・ハワードのオスカー受賞後第一作は、血の絆を描くヒューマン西部劇

19世紀末のアメリカ南西部。治療師のマギー・ギレクソンは、西部の苛酷な生活の中、女手一つで2人の娘を育てていた。ある日、ギレクソン家を初老の男が訪れる。男は20年前に家族を捨て、アパッチ族と生きる道を選んだ父・ジョーンズだった。長年苦労を重ねてきたマギーは、ジョーンズを家族とは認めず、冷たく追い返す。だが翌日、最悪の事件が起こる。町へ出かけた娘たちが何者かに襲われ、長女のリリーがさらわれてしまったのだ。マギーは娘を取り戻すため、不本意ながらもジョーンズの協力を仰ぎ、襲撃者の追跡を開始する。

「ミッシング」の解説

『ビューティフル・マインド』でアカデミー監督賞を得たロン・ハワード監督の最新作。開拓時代末期の西部を舞台に、家族を捨て先住民と同化した父、父の去った家を守る娘、次の時代に生きる孫娘の、親子三代の物語を描く。家族の再生という主題にサスペンス風の娯楽を加味しつつ、裏テーマにアメリカ史への讃辞を仄めかす手際の良さは、ロン・ハワードの真骨頂と言える。

さて本作ではアパッチ族が重要な役割を担うのだが、近頃のハリウッドには異民族との交流を謳った作品が目立つように思われる。時節柄、政治的な勘繰りをしたくもなるが、この傾向は劇画調ヒーローや映像派作家の氾濫に対する、中堅作家たちのメロドラマ的反抗と見るべきだろう。またもや“追跡者”を演じたトミー・リーの怪演は、もはや人間というより猟犬の域。

MOTION PICTURE c2003 REVOLUTION STUDIOS DISTRIBUTION COMPANY, LLC(C)2003 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES,INC. ALL RIGHTS RESERVED.

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年5月8日
キャスト 監督ロン・ハワード
出演トミー・リー・ジョーンズ ケイト・ブランシェット エヴァン・レイチェル・ウッド ジェナ・ボイド エリック・シュウェイグ アーロン・エッカート ヴァル・キルマー
配給 UIP映画
制作国 アメリカ(2003)
上映時間 137分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ミッシング」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:33

広告を非表示にするには