ホテルビーナス 作品情報

ほてるびーなす

最果ての地、古ぼけたホテルでひっそり暮らす人々の、希望と再生の物語

女装のオーナーが経営する、ホテル・ビーナス。ウェイター兼世話係のチョナンをはじめ、ここで暮らす住人は誰もが過去を背負っている。酒に溺れた元医者のドクターと、妻のワイフが暮らす1号室は、言い争いの声が絶えない。3号室のソーダは花屋を開く夢を追い、4号室のボウイは、自称殺し屋を語っている。そんなホテル・ビーナスに、ある日、無愛想な父、ガイと、口を利かない娘、サイがやってくる。チョナンの仕事を手伝わせるうちに、サイは次第に心を開いていくが…。

「ホテルビーナス」の解説

不思議な空気を漂わせる、ホテル・ビーナス。そこで暮らす、ワケありの人々の生き様を描いた本作は、全編韓国語で製作された、ユニークで、心に沁みるような人間ドラマ。人生の苦しい部分ばかりが見えて、魂を失ってしまった人たちの悲しみや憤りが、モノクロの映像に沁み込んでくる。チョナン・カンとしても知られる草なぎ剛をはじめ、香川照之、中谷美紀ら実力派、そして舞台で活躍する市村正親が韓国語に挑戦し、傷ついた心を大胆に演じていく。

住人たちが希望を見出したとき、初めて画面はカラーへと変わるが、その時の気持ちはストレートに理解できるはず。挿入される曲「デスペラード」が歌うよう、絶望した者にもう一度光を当ててくれるこのドラマに、優しさを分けてもらえる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年3月6日
キャスト 監督タカハタ秀太
出演草なぎ剛 中谷美紀 香川照之 市村正親
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 日本(2004)
上映時間 125分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「ホテルビーナス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-19 18:12:39

広告を非表示にするには