喜劇 大安旅行 作品情報

きげきたいあんりょこう

フランキー堺主演の旅行喜劇もの

今日は、大安吉日。大阪天王寺駅を発った列車は、南紀方面に旅行する新婚組で超満員だった。専務車掌の並木大作は、目のやり場に困りながら職務の検札に廻っていた。その大作にも、ひそかに想いを寄せる女性があった。その相手は、新宮駅前の寿司屋の娘雪子だった。大作は暇さえあれば、「丸新」に立寄り、寿司を食いながら雪子を口説くが、いつも雪子の母で、未亡人のうめに邪魔をされていた。「将を射んと欲すれば、まず馬を射よ」である。大作は気に入られようと、うめのご機嫌とりをかかさなかった。

「喜劇 大安旅行」の解説

『夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース』の舟橋和郎がシナリオを執筆し、『喜劇 “夫”売ります!!』の瀬川昌治がメガホンをとった旅行喜劇。撮影は『吹けば飛ぶよな男だが』の高羽哲夫が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
出演フランキー堺 伴淳三郎 新珠三千代 笠置シヅ子 倍賞千恵子 牧伸二 生田悦子 左とん平
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 大安旅行」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:44:02

広告を非表示にするには