前科・仮釈放 作品情報

ぜんかかりしゃく

渡哲也主演の任侠アクションもの

大原竜次は、関東新竜会会長の宮原を刺し殺した罪により7年の判決を言いわたされた。そして4年後、仮出所した竜次を待っていたのは、親分なき大矢根組だった。竜次は、子分の健から大矢根が新竜会に殺され、シマは井村が牛耳っていると聞かされた。出所早々の竜次が、元新竜会幹部の大柴に因縁をつけられたのはそんな折、その場を井村がとりなしたものの、竜次の情人ゆかりに気のある大柴はおさまらなかった。そんなある日、大矢根を殺した小山が出所して来た。

「前科・仮釈放」の解説

『無頼・殺せ』の池上金男がシナリオを執筆し、小沢啓一が監督、高村倉太郎が撮影した任侠アクション。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
出演渡哲也 松原智恵子 沖雅也 大木実 長内美那子 杉本エマ 内田稔 青木義朗 今井健二 戸上城太郎
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「前科・仮釈放」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-02-26 00:01:15

広告を非表示にするには