続 サラリーマン忠臣蔵 作品情報

ぞくさらりーまんちゅうしんぐら

森繁久彌主演の喜劇、『サラリーマン忠臣蔵』の続篇

貸ビルの一室を借りて大石商事は発足した。赤穂産業からも同志の社員が続々と参加、もとエレベーターガール堀部安子も加わり、その数は47名に達した。社長大石良雄はア、マン紹介の特許を売りこむため、天野化学の肥後常務を、才子の経営するクラブに接待した。だがヌラリクラリで一向にラチがあかない。大石はそこで元タイピストの軽子が働いているのを見て驚いた。軽子は夫の早野寛平が定五郎殺人事件未遂で起訴され、やむなく浮草稼業をしているのだった…。

「続 サラリーマン忠臣蔵」の解説

『サラリーマン忠臣蔵』の続篇で、脚本・笠原良三、監督・杉江敏男、撮影・完倉泰一と前作と同じスタッフ。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督杉江敏男
出演森繁久彌 久慈あさみ 夏木陽介 新珠三千代 東野英治郎 加東大介 坪内美詠子 有島一郎 三橋達也 団令子
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続 サラリーマン忠臣蔵」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:51

広告を非表示にするには