アンナ・マデリーナ 作品情報

あんなまでりーな

駆け出しの青年たちの恋をさわやかに描くラヴ・ストーリー

平凡なピアノの調律師のガーフ(金城武)は、ひょんなことで自称小説家のモッヤン(アーロン・クォック)のアパートに住みついた。ところが階上にマンイー(ケリー・チャン)という娘が越してきてピアノの練習を始めて、モッヤンは苦情を言いに行き、その後なぜか姿を消してしまう。いつしかマンイーに恋してしまったガーフだが、マンイーから実はモッヤンにひと目ぼれしてアパートに引っ越してきたと聞かされ、ショックを受ける…。

「アンナ・マデリーナ」の解説

駆け出しの青年たちの恋をさわやかに描くラヴ・ストーリー。ゴールデン・ハーヴェストと日本のアミューズの合弁会社ゴールデンアミューズの第1回制作作品。監督は『ラヴソング』などの美術監督をつとめたハイ・チョンマンで本作が監督デビューとなる。脚本は『ラヴソング』のアイヴィ・ホー。製作はレイモンド・チョウ、大里洋吉、クラウディア・チュン(『ラヴソング』)。

撮影は『ダブルチーム』のピーター・パウ。出演は『世界の涯てに』『不夜城』の金城武、『世界の涯てに』ケリー・チャン、『野獣の瞳』のアーロン・クォック。また、レスリー・チャン、アニタ・ユン、エリック・ツァンが友情出演している。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ハイ・チョンマン
出演金城武 ケリー・チャン アーロン・クォック レスリー・チャン アニタ・ユン エリック・ツァン
制作国 香港=日本(1998)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アンナ・マデリーナ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:50

広告を非表示にするには