大日本スリ集団 作品情報

だいにっぽんすりしゅうだん

藤本義一の原作を映画化

関西に平平平平と名乗るスリの名人とスリを最も憎む刑事、船越富蔵がいた。2人は戦友だった。平平のスリ集団の組織は巧妙で、容易に逮捕できない。平平の心配は息子の平一郎が暴力団と関係があるらしいことと後妻の紙江が若く美しいことだった。船越の悩みは一人娘の昭子が適齢期を迎えているのに、何か暗い陰のあることだった。戦友達の集りの宴で、船越は平平に昭子が秘密にしている書類をスリ取ってくれと頼んだ。苦心の末、平平が奪った書類は婚姻届けであり、昭子は城山という妻子ある男と恋仲であった…。

「大日本スリ集団」の解説

藤本義一の原作「ちりめんじゃこ」を作者自身が脚色し、『コント55号 俺は忍者の孫の孫』のコンビ福田純、逢沢譲が監督、撮影を担当した喜劇。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督福田純
原作・脚本藤本義一
出演小林桂樹 三木のり平 酒井和歌子 高橋紀子 寺田農 田中邦衛 平田昭彦 古今亭志ん朝
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「大日本スリ集団」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-03-13 00:01:21

広告を非表示にするには