恋する幼虫 作品情報

こいするようちゅう

顔の傷口に巣くう生物。強烈すぎて一度見たら忘れられない?! シュールでキュートなブラックコメディ

漫画家のフミオと新人編集者・ユキ。2人には異性へのコンプレックスという共通点があったが、フミオはユキのおどおどした態度に苛立ち、時には怒りをぶつけていた。そんなある日、フミオはユキの頬に深い傷を負わせてしまう。その傷のせいで仕事も恋人も失ってしまったユキ。罪悪感にさいなまれたフミオはユキの面倒をみるようになるが、彼女の傷は奇妙な生命体になっていた。「血を吸わせろ」と迫るユキに、もはや言いなりのフミオは…。

「恋する幼虫」の解説

自主製作映画『クルシメさん』が高い評価を得た井口昇の新作。主演はTVやCMでも活躍中の「大人計画」所属俳優・荒川良々と、同じく「大人計画」所属で『クルシメさん』でも主演を務めた新井亜樹。この2人の特異な存在感が、シュールなストーリーを盛り上げる。

前半と後半で立場が逆転すると、性格や顔つきまで変わっていくのが面白い。特におとなしそうな顔で「ほっぺに口があると寝ながらご飯食べられて便利よねー」と大胆な発言をする新井のギャップがたまらない。傷から飛び出す突起状の生命体など、グロテスクなシーンもなぜか笑ってしまう。悪趣味だけどキュート、不条理だけどどこかリアル。個人映画のパワー溢れるディープな世界をご堪能あれ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年2月14日
キャスト 企画・脚本・監督井口昇
出演荒川良々 新井亜樹 松尾スズキ 乾貴美子 村杉蝉之介
配給 IMAGE RINGS
制作国 日本(2003)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「恋する幼虫」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:37

広告を非表示にするには