男と女 デジタル・リマスター版 作品情報

おとことおんな

大人の切ない恋を描く、ラブストーリーの金字塔

男と女 デジタル・リマスター版のイメージ画像1
男と女 デジタル・リマスター版のイメージ画像2

アンヌはパリで独り暮し。夫を亡くして、娘はドービルにある寄宿舎にあずけてある。年はそろそろ30歳。その日曜日も、いつも楽しみにしている娘の面会で、つい長居してしまい、パリ行きの汽車を逃してしまった。そんなアンヌにジャン・ルイという男性が車で送ると申し出る。30前後の彼は、同じ寄宿舎に息子を預けていて、妻を自殺で亡くしていた。

「男と女 デジタル・リマスター版」の解説

『女を引き裂く』のクロード・ルルーシュによる、究極のフランス恋愛映画。ダバダバダ~♪のメロディでおなじみのフランシス・レイの甘美な音楽にのせて、ジャン=ルイ・トランティニヤン演じる男と、アヌーク・エーメ演じる女による、大人の切ない恋が描かれる。2016年に製作50周年記念としてデジタル・リマスター版をリバイバル上映。ルルーシュ監督作の短編映画『ランデヴー』デジタル・リマスター版と同時上映。(作品資料より)

男と女 デジタル・リマスター版のイメージ画像3

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2016年10月15日
キャスト 監督クロード・ルルーシュ
出演アヌーク・エーメ ジャン=ルイ・トランティニヤン ピエール・バルー ヴァレリー・ラグランジュ シモーヌ・パリ ヤーヌ・バリー
配給 ドマ、ハピネット
制作国 フランス(1966)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-06-17

過去を引き摺る女と男との或いは,パリジャンヌとレーサーとの恋物語または傷痕のセンチメンタルな心の旅路…。山田洋次監督の名篇「家族」「幸福の黄色いハンカチ」等とも重なり逢う様な一面も在る哉~?

最終更新日:2021-01-14 16:29:47

広告を非表示にするには