或る剣豪の生涯 作品情報

あるけんごうのしょうがい

時代劇版「シラノ・ド・ベルジュラック」

太閤死後、1年たった頃。京都の四条河原で、阿国歌舞技に人が集っていた。阿国は秀吉の寵愛でこれまでになった。それが、秀吉の一周忌に、徳川方の長島主膳の命令で、舞台に立たねばならなくなったのだ。舞台に立つと、声がかかった。消え失せろ! その主は駒木兵八郎だった。鼻が人一倍大きい。文武両道に秀れ、石田三成十人槍の1人だ。主膳の輩下と乱闘になった。それをよそに京洛一の美人、烏丸卿の養女千代姫は美剣士苅部十郎太と互いに熱いまなざしを向け合っていた。

「或る剣豪の生涯」の解説

「シラノ・ド・ベルジュラック」翻案の時代劇。『旅姿鼠小僧』の稲垣浩が脚本を執筆、自ら監督した。撮影は『女探偵物語 女性SOS』の山田一夫。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本稲垣浩
音楽伊福部昭
出演三船敏郎 司葉子 宝田明 河津清三郎 藤原釜足 三好栄子 淡路恵子 平田昭彦 笈川武夫 中北千枝子
制作国 日本(1959)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「或る剣豪の生涯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-07-17 00:01:10

広告を非表示にするには