喜劇 女売り出します 作品情報

きげきおんなうりだします

「女」シリーズ第3作

“あたいがスリだってさあ調べて”と威勢のいい啖呵と共に裸になったちゃりんこ浮子が、ストリッパー斜旋業「新宿芸能社」の金沢、竜子、踊り子島子、タマ子たちのおトソ気分をフッ飛ばした。浮子に満員電車の中で、財布をスラれた金沢が、デパートで彼女を見つけ「芸能社」に連れてきたのである。最初は威勢のよかった浮子も、金沢と竜子に親身になって説教されると涙を流して更生を誓い、「新宿芸能社」に住み込んだうえ、手先の器用なことから手品ストリップを考えつき、人気はうなぎ上りとなった…。

「喜劇 女売り出します」の解説

「新宿芸能社」を舞台に、藤原審爾原作の「女」シリーズ第3作。脚本は『女番長ブルース 牝蜂の挑戦』の掛札昌裕と『生まれかわった為五郎』の吉川憲一。監督森崎東。撮影も同作の吉川憲一が、それぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森崎東
原作藤原審爾
音楽山本直純
出演森繁久彌 市原悦子 夏純子 米倉斉加年 久里千春 荒砂ゆき 岡本茉利 中川加奈 西村晃 財津一郎
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 女売り出します」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:43:11

広告を非表示にするには