赤い谷間の決斗 作品情報

あかいたにまのけっとう

裕次郎、渡共演のアクション

北海道・留萠の大原野。そのシベトロの駅に、東京からやってきた青年渡辺健がおりたった。健は自分の生れた土地をこの目で確かめたかったのだ。そんな健に、この土地のボス鮫島がからんできた。健も応戦し、激しい殴りあいが展開されたが、多勢に無勢健は力尽きて倒れた。が、そんなとこに石切場で働く山男風間信吾が現れ、健は信吾に助けられて、彼らの働く“山”へ案内された。が、なぜか信吾は健に冷たかった。

「赤い谷間の決斗」の解説

関川周の原作を『かも』の成澤昌茂が脚色、『青春とはなんだ』の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は『刺青一代』の高村倉太郎。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
出演石原裕次郎 渡哲也 岩崎加根子 桂小金治 太田雅子 小沢栄太郎 垂水悟郎 深江章喜 野呂圭介 高木均
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「赤い谷間の決斗」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:58

広告を非表示にするには