続・社長千一夜 作品情報

ぞくしゃちょうせんいちや

森繁久彌主演の社長シリーズ第26作目

九州天草にホテル・パーランドの建設が決った庄司観光の社長啓太郎は、金井常務、木村開発部長、飛田営業部長らを集めて外人誘致対策をあれこれ練っていた。そんな時ブラジルの二世ペケロ・ドス・荒木が「日本の象徴の富士山麓にもう一つホテルを建てては?」と、もと芸者のワイフ、はるみを連れてやって来た。異論のあろうはずはなく、その日から啓太郎は猛ハッスル、ところが昼と夜の生活は大違いで妻の邦子へのサービスは怠りがちだった。それを知ったペケロはブラジル産の精力剤、ガラナのエキスを提供した。社長宅は、無事円満に落着くかに見えたが…。

「続・社長千一夜」の解説

前作『社長千一夜』の笠原良三がシナリオを執筆し、コンビの松林宗恵が監督した“社長”シリーズ第26作目、撮影はこれが第一作の長谷川清。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松林宗恵
出演森繁久彌 久慈あさみ 平田郁人 小林桂樹 司葉子 英百合子 加藤源太郎 黒沢年男 フランキー堺 藤あきみ
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続・社長千一夜」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:55

広告を非表示にするには