関東幹部会 作品情報

かんとうかんぶかい

渡哲也主演、「関東」シリーズ第2弾

尾沢組本家若衆頭・寺田組々長寺田次郎は5年の刑期を終えて出所した。寺田はすぐその足で、尾沢組総長尾沢大造が広域暴力団取締のかくれ簑として入院している病院に出所挨拶に行った。そこで、現在の尾沢組は幹部の岩崎が三代目組長を襲名したこと、組織下の組が次々と新興暴力団大場会に荒されていることを知らされた。尾沢組幹部たちはこの事態を阻止すべく、まだ大場会の手がのびていない富士市に寺田を送り込むことを決めた。

「関東幹部会」の解説

『関東流れ者(1971)』に続く「関東」シリーズ第2作。脚本は『新・ハレンチ学園』の鴨井達比古、『非行少年 若者の砦』の来栖三郎、助監督の伊地智啓の共同執筆。監督は『女子学園 ヤバい卒業』の沢田幸弘。撮影は『男の世界』の山崎善弘がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督沢田幸弘
出演渡哲也 長門勇 丘みつ子 原田芳雄 山本麟一 武藤章生 木村英行 高橋明 三田村元
制作国 日本(1971)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「関東幹部会」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:50

広告を非表示にするには