東京流れ者 作品情報

とうきょうながれもの

主人公が辿る土地ごとにタッチを変えた、異色のハードボイルド。清順美学が開花した力作

ヤクザ廃業後、カタギになった元組長とともにクラブ経営を始めた哲。しかし、資金繰りの途中、かつての対抗組織ともめ事を起こして東京を追われるハメに。新潟、北九州と流れ歩いた末に東京に戻った哲は、組長に裏切られたことを知る。

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督鈴木清順
出演渡哲也 松原智恵子 二谷英明 川地民夫
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-02-14

そして国立アーカイブ展示室の企画展で観た木村威夫の映画美術展にもcolorfulなセットと衣裳の本編が鈴木清順監督作品のcornerに在った…。其の時は気付か無かったけど,D・チャゼル監督のミュージカル映画「LaLaLand」は本編の影響力が大きかった見たいだー。ゴズリング演じるセブがピアノの練習曲にしてたのが滝廉太郎の〈荒城の月〉だったのも最近知った。映画は米仏で発明された欧米文化だけど黄金期のジャポニズムの様に思わぬ処で逆にインスパイアを与えてるんだねぇ?

最終更新日:2019-10-12 00:01:06

広告を非表示にするには