鬼輪番 作品情報

おにわばん

近藤正臣主演の忍者モノ

山また山の奥深く、「鬼の森」には、たしかに鬼が棲んでいた。親鬼が5匹、子鬼が5匹、宙を飛び、地を蹴って激しい修業に明け暮れていた。彼らが鬼面をつけた忍者だと見分けられる者はいなかった。5匹の子鬼が成長したとき、親鬼たちは新しい鬼の誕生と引きかえに自らの命を絶った。泰平の世といわれた徳川時代。幕府は、謀叛を企てる大名たちを、秘密裡に壊滅させるために“鬼輪番”という忍者組織を持っていた。「鬼の森」を出た、渦彦、小法師、地虫、吹豆、六地蔵の5人の若者に最初の任務が与えられた。「紀州に不穏な動きあり!」紀州が謀叛を企て、外国の新式銃を大量に調達している、という。

「鬼輪番」の解説

幼時から苛酷な試練に耐え、選び抜かれた忍者,公儀隠密“鬼輪番”たちの秘術を尽しての敵との死闘を描く。原作は小池一雄・作、やまさき拓味・画の同名劇画。脚本は小川英と石川孝人、監督は『だまされて貰います』の坪島孝、撮影は『夕日くん サラリーマン仁義』の市原康至がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督坪島孝
出演近藤正臣 荒牧啓子 峰岸隆之介 水豆豊 高峰圭二 森山周一郎 木村博人 久本昇 桐島好夫 菊地正孝
制作国 日本(1974)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鬼輪番」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:45

広告を非表示にするには