人生劇場 青春・愛欲・残侠篇 作品情報

じんせいげきじょうせいしゅんあいよくざんきょうへん

『人生劇場』13度目の映画化

大正5年。隣家のやくざ杉原を殺し、服役していた吉良常が10年ぶりに、三州横須賀に帰って来た。しかし、吉良常が主人とたのむ今は没落した肥料問屋辰巳屋の当主瓢太郎は、その夜、ピストル自殺をとげた。「立派な男となるまで墓を建つるに不及」という遺書を一人息子瓢吉に残して。東京で文士をめざし勉強していた瓢吉は同棲中のお袖を残し、急ぎ帰郷した。葬式の日、吉良常は、仇討ちを狙う杉原の身内に連れ出されるが、父親ゆずりの激しい気性の瓢吉が駆け付け、事なきを得る。数日後、二人は上京した。

「人生劇場 青春・愛欲・残侠篇」の解説

かつて、幾度も映画化され、数々の名作を生んだ、尾崎士郎原作『人生劇場』のこれは13度目の映画化。任侠の道ひと筋に生きる男たちと、彼らをめぐる多感な女たち。それぞれ一途な情熱で各自の人生をたどる姿を描く大河ドラマ。脚本は『初笑い びっくり武士道』の野村芳太郎と三村晴彦、監督は脚本も執筆している『昭和おんな博徒』の加藤泰、撮影は『喜劇 新婚大混線』の丸山恵司がそれぞれ抵当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督加藤泰
出演竹脇無我 森繁久彌 津島恵子 田宮二郎 草野大悟 谷村昌彦 石井富子 石井均 小田草之助 高畑喜三
制作国 日本(1972)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「人生劇場 青春・愛欲・残侠篇」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-06 00:01:13

広告を非表示にするには