八月のかりゆし 作品情報

はちがつのかりゆし

精霊のやどる島でボクはマレビトに出会う

母の遺骨を胸に故郷―沖縄に帰り着く17歳の少年テル(松田龍平)。そこには、祖母、叔母、そして従姉妹のマレニ(末永遥)が待っていた。父親はテルがまだ幼い頃に家を出たまま行方がわからない。母の故郷ではあってもテルには馴染みのない土地。目に映るものすべてが珍しい。しかもマレニはユタ(=霊能師)になるための修業中の身。他の人間には見えないものが見えるらしい。ある日、キジムナー(=精霊・斉藤和義)に誘われて家を出るマレニを追って、テルも行き先の見えない旅に出る…。

「八月のかりゆし」の解説

沖縄を舞台にした映画がここ数年目立っている。東京を頂点とする殺伐とした都市型社会の対極にある場所として、アニミズムの地―人間と神々が共存し、生と死の境目を行き来する島―が映画制作者や観客を魅了し続けているのかもしれない。ファンタジーの要素をふんだんに取り込んだ『八月のかりゆし』は、戦争で多くの血が流され深く傷ついた島の、記憶と記録と癒しの物語になっている。

テルが幼い頃の記憶をたどって奏でる“マレビトの唄”の“マレビト”とは、遥か彼方から来訪し祝福を与える霊的な存在であり、タイトルの“かりゆし”には「めでたいこと」という意味があるそうだ。好々爺的風貌を生かした村山富市元首相のびっくりキャスティングもあり。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年8月2日
キャスト 監督高橋巌
主演松田龍平 末永遥 TAMA 斉藤和義
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2003)
上映時間 87分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「八月のかりゆし」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:04

広告を非表示にするには