シェフと素顔と、おいしい時間 作品情報

しぇふとすがおとおいしいじかん

これぞ縁は異なもの味なもの。不器用なオトナのロマンティック・コメディ

ゼネストの影響でごった返すシャルル・ド・ゴール空港。携帯電話の貸し借りをきっかけに、元シェフのフェリックス(ジャン・レノ)と、メイクアップ・アーティストのローラ(ジュリエット・ビノシュ)は、成り行きで、出発までの時間を一緒に過ごすことになる。神経質で何事にも懐疑的なフェリックスは、やたらに化粧の濃いローラの香水の匂いにさえ我慢できない。反対にローラはオープンマインドだ。反目しながら会話を重ねるうちに、いつしか2人はお互いの痛いところをチクリとついてしまうのだった…。

「シェフと素顔と、おいしい時間」の解説

『王妃マルゴ』などの脚本家として活躍したダニエル・トンプソン。監督デビューを飾った『ブッシュ・ド・ノエル』では、シャルロット・ゲンズブールの、そして今回も2大主演スターの、いつもとは違う魅力を見事に引き出している。前髪は垂らすは、失神するわで、マッチョなヒーローぶりとは180度の転換を見せるレノがキュートだし、ビノシュがフルメイクから素っぴんになる変身ぶりは見ものだ。

他人を拒絶しながらも孤独には耐えられない男と、寛容であるゆえに、ついつい譲歩しまう女。そんなキャラクターをチャーミングに演じている。どれだけ人生経験を積んでも、心の底からの望みを叶えるには、誰かにぽんと背中を押してもらいたいもの。その誰かを見つけたら、素顔で心のうちをさらけ出すこと。それが鉄則!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年8月30日
キャスト 監督・脚本ダニエル・トンプソン
音楽エリック・セラ
出演ジュリエット・ビノシュ ジャン・レノ セルジ・ロペス
配給 日本ヘラルド映画
制作国 フランス(2002)
上映時間 86分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「シェフと素顔と、おいしい時間」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:42:03

広告を非表示にするには