エニグマ 作品情報

えにぐま

第二次世界大戦、エニグマ解読の裏に隠された闇に葬られた事実を追え…!

1943年、第二次世界大戦が日に日に激しくなっていく中、イギリス軍の暗号解読チームは困難にぶち当たっていた。ナチスドイツの暗号化装置“エニグマ”の暗号コード“シャーク”が突然変更されたのだ。それは連合軍にとっては最悪のタイミングだった。“シャーク”の暗号を解いた天才数学者トム・ジェリコはこの変更と同時に自分の元恋人クレアが失踪したのを不審に思う。一方、イギリス諜報部のウィグラムは解読チームの中にスパイがいると睨み、ジェリコに目を付けるのだった…。

「エニグマ」の解説

第二次世界大戦のことを描いた映画は多いが、そのほとんどが現場での攻防を描いたものである。だが今作はその影でナチスドイツが開発した暗号システム“エニグマ”を巡って、数学者たちが暗号を解読していき、戦争を終結させたという側面をスリリングに描く。そして、女がキーパーソンとなり、話が展開していく。その女を演じるのはサフロン・バロウズだ。ほか、ケイト・ウィンスレットも重要な役で登場。

主人公の天才数学者を『M:I-2』でトムの適役に扮したダグレイ・スコットが熱演し、ジェレミー・ノ-ザムが007バリの諜報部員を好演。また本作は原作に惚れこんだミック・ジャガーがプロデュースをし、『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』のマイケル・アプテッドが監督。息もつかせない上質なサスペンスに仕上げている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年5月17日
キャスト 監督マイケル・アプテッド
脚本トム・ストパード
出演ダグレイ・スコット ケイト・ウィンスレット ジェレミー・ノーサム サフロン・バロウズ ニコライ・コスター=ワルドー
配給 松竹
制作国 イギリス(2001)
上映時間 119分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「エニグマ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 16:18:19

広告を非表示にするには