the EYE 【アイ】 作品情報

あい

この事実に目をそらしてはいけない…!(香港+タイ)×ホラー=究極の怖さ!

幼少の頃に失明したマンは20歳になり、待望の角膜移植手術を受けた。包帯もとれ視力のある生活のため、リハビリに励んでいたマン。退院もし、徐々に視力があることに慣れるに伴い彼女は時折、黒い影や不可解な人物や出来事に遭遇するようになる。やがて、それらの人物は自分にしか見えないことがわかり、彼らは死者だと悟るマン。だが、周りの人たちは彼女を術後の精神不安定だと決めつけ、信じようとはしなかった。目の見えない生活の方がよかったと真っ暗な部屋に閉じこもるマン。しかし、その裏に驚愕の事実があったことをマンはまだ知らなかった…。

「the EYE 【アイ】」の解説

本作は、『レイン』で高い評価を得たオキサイドとダニーの双子のパン兄弟が、原作、脚本、監督、編集と二人三脚で仕上げた新作。2人とも香港人だが、ダニーはタイでの活動が長く、本作も60%は香港で、40%はタイで撮影されている。本作は冒頭、のっけから映像と音楽で見るものを恐怖のどん底に突き落とす。主人公のマンを演じたのは台湾や香港で活躍しているアンジェリカ・リー。繊細な演技が印象的な、実力派女優だ。

本作では角膜移植によって様々な事が引き起こされるだけに、タイ赤十字が“実際には角膜移植してもこういうことは起きない”と異例のコメントを出したり、トム・クルーズがリメイク権を買ったことでも注目されている。プロデューサーはこのところホラーづいている香港の大物、ピーター・チャン。今作がどんなふうに怖いのか、は目をそらさずにその目で確かめてみて!

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年3月29日
キャスト 監督・原案・脚本・編集オキサイド・パン ダニー・パン
出演アンジェリカ・リー ローレンス・チョウ チャッチャー・ルチナーレン キャンディ・ロー
配給 クロックワークス
制作国 香港=タイ(2001)
上映時間 99分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「the EYE 【アイ】」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-04 09:44:22

広告を非表示にするには