Reset2 足軽-ashigaru 作品情報

りせっと2あしがる

『Reset』第2弾は関が原の合戦に集まった3人の胸の内を描く

慶長5年、9月15日、朝。関が原ではまさに日本史上最初で最後となる内戦、“関が原の合戦”が始まろうとしていた。西軍の最前線には、故郷を飛び出しこの合戦に参加した3人の若者の姿があった。ゴン、ロク、マタの3人は幼なじみで、それぞれ3人3様のある思いを胸に秘め、命を賭けてこの戦場へ赴いたのだった。お互いにも決して明かすことのなかったその思いとは…?

「Reset2 足軽-ashigaru」の解説

前作の『Reset』において、自殺の名所に集まった5人という設定だけ作り、あとは全くの脚本なしで俳優たちに即興的に演じさせるというやり方で、究極の人間ドラマを成功に導いた鈴木浩介監督。その作品は国内外でも高い評価を受けただけでなく、これを見た俳優たちからも「今度は参加させて欲しい」「シリーズ化してほしい」という声が高まり、第2弾として完成させたのが本作である。

今回のテーマは“足軽”。参加したのは今、日本映画には欠かせない存在となっている、森下能幸、田中要次、津田寛治の3人。時代劇、脚本なし、長回しというハードな条件の元、この3人+鈴木監督がどのようなコラボレーションを見せるのか、その目で確かめるべし。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年1月4日
キャスト 監督鈴木浩介
出演森下能幸 田中要次 津田寛治
配給 渡辺企画、アクティブ・シネ・クラブ、HUNEY BUNNY
制作国 日本(2002)
上映時間 80分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「Reset2 足軽-ashigaru」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:09

広告を非表示にするには