アレックス 作品情報

あれっくす

激しい怒りから始まった復讐劇はやがて衝撃のラストシーンへと向かう!

ゲイクラブに押し入った2人の男が、ある男の顔を消化器で殴って殺すという事件が発生。実はその2人組の一人マルキュス(ヴァンサン・カッセル)は、恋人アレックス(モニカ・ベルッチ)がレイプされ、友人でアレックスの元恋人でもあるピエール(アルベール・デュポンテル)と共に犯人を捜し出し、復讐しようと考えていたのだ。いったい、どうしてこんな恐ろしい事件が起ってしまったのか…それは、残忍で悪夢のようなレイプ事件が引き起こした結末に他ならなかった……。

「アレックス」の解説

2002年カンヌ国際映画祭で上映され、あまりのリアルで凄まじい描写に途中退場が続出、時には場内から罵倒も聞こえ、その衝撃の大きさで一気に話題となった。事件の結末からスタートし、時間が逆行しながら、美しく幸せなラストシーンで幕を閉じるというストーリー展開。それもそのラストシーンについての解釈で論争を呼ぶほど衝撃的なのだ。これだけ波紋を呼ぶ作品を監督、脚本、撮影、編集、そしてもちろんキャスティングにいたるまで携わったギャスパー・ノエ。

ノエがヴァンサン・カッセルに、本物のカップルを使って低予算でエロティックなメロドラマを作る計画を話したことから、当時、カッセルとカップルだったモニカ・ベルッチと3人で映画を作ろうという企画がスタート。それぞれのシークエンスを撮るにあたって、テイクごとにセリフを変えるという指針を打ち出し、結果的にいくつかのテイクの中からノエが見て気に入ったものを繋ぎ合わせていくという手法で完成した。作品の作り方、テーマ、全てがノエ監督ならではのワールドで展開されている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2003年2月8日
キャスト 監督・脚本・撮影・編集ギャスパー・ノエ
出演モニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル アルベール・デュポンテル
配給 コムストック
制作国 フランス(2002)
年齢制限 R-18
上映時間 98分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「アレックス」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-02 11:00:07

広告を非表示にするには