八月の幻 作品情報

はちがつのまぼろし

忘れられない記憶が生み出した、幻の恋。ノスタルジーにあふれた、切なくも美しい恋愛映画

イラストレーターのマモル(水橋研二)は、恋人の佐知(八木小織)とともに故郷の街、尾道を訪れる。マモルは、かつての恋人、めぐみ(仲根かすみ)がこの世を去った8年前に、街を離れていた。到着して最初に向かった神社で、マモルの目にめぐみの姿が飛び込んできた。自分の目を疑うマモルだが、めぐみの姿はマモルにしか見えず、その後2人の行く先々に現れては消えていく。一緒に歩いた道、初めて言葉を交わした場所…マモルの脳裏に、数々の思い出が甦る。

「八月の幻」の解説

ノスタルジー映画といえば、大林監督でおなじみの尾道。情緒あふれるこの町で、ひとときの甘い夢を見せられたような、幻の恋の物語が生まれた。トップアイドル、仲根かすみのイメージビデオ「もういちど逢いたい」を映画へとリメイクし、清純で幻想的な雰囲気を切ないラブ・ストーリーとして映し出した作品。

映画初出演の仲根を支えるキャストには、水橋研二、八木小織のほか、大森南朋、津田寛治など、日本映画界に個性的な印象を残す若手実力派が勢ぞろいし、まさしく夢のようなドラマを盛り上げてくれる。心の奥底に残る忘れられない人の面影が、尾道の路地にひょっこり顔を出した時、終わったはずの過去が再び走り出していく…。たとえそれが幻でも、癒えない傷を持った心を、優しく包み込んでくれるような作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年12月7日
キャスト 監督鈴木浩介
撮影監督篠田昇
出演仲根かすみ 水橋研二 八木小織 大森南朋 山中聡 瑠川あつこ 菊池百合子 津田寛治
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 日本(2002)
上映時間 72分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「八月の幻」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:41:02

広告を非表示にするには