目下の恋人 作品情報

もっかのこいびと

辻仁成が、書き下ろし小説を監督。本当の愛の行方を探る、コミカルなラブストーリー

アカリ(井川遥)には、DJの恋人シュウ(萩原聖人)のほかに、妻子のいるバード(杉本哲太)という愛人がいる。シュウはいつもアカリのことを「目下の恋人」と呼び、バードはいつも鳥になる夢を見ている変わり者。ある日、アカリは妊娠してしまうが、どちらの子供かわからない。シュウにすべてを打ち明けると、怒ったシュウは腹いせに他の女の部屋へと転がり込んだ。一方バードは、妻の病気が悪化し、アカリに親身になってやれない。1人になったアカリは、次第に本当の愛に気付いていく。

「目下の恋人」の解説

002年の春に、テレビの特番で放送されたドラマ「愛の手前 恋のとなり」は、愛情のあり方を前向きに模索していく女性の姿が好評を得た。このドラマに、未公開映像を追加し再編集したスクリーン版が、『目下の恋人』。「目下」、つまり当面の恋人、という、実に不誠実そうな題名だけれど、これが辻仁成のこだわりで、この「目下」は永遠に「目下」であり続ける。

今が楽しければいいという刹那的な愛ではなく、ずっと続いていく愛情を探そうとする、若者たちの誠実さが伝わるさわやかな作品だ。ちょっぴり頑固で、天真爛漫なアカリを演じるのは、初主演となる井川遥。二股をかける役なのに、その愛くるしさに思わず感情移入してしまう。若い世代だけでなく、中年男性バードの家族関係もまた別の愛情を表現し、小説家のロマンティックな心が映像で読み取れる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年11月30日
キャスト 監督辻仁成
出演井川遥 萩原聖人 杉本哲太
配給 「目下の恋人」製作委員会
制作国 日本(2002)
上映時間 93分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「目下の恋人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:46

広告を非表示にするには