抹殺者 作品情報

まっさつしゃ

キリストの遺骨をめぐり、抹殺された真実。バンデラス主演のロマンシング・アクション

考古学博士のシャロン(オリビア・ウィリアムズ)は、エルサレムで歴史的な発掘作業に取り組んでいた。それは、キリストと思われる人間の遺骨。これが本物ならば、キリスト教信仰を覆す大発見となる。報告を受けたバチカン枢機卿は、かつて米軍情報部員だったマット・グティエレス神父(アントニオ・バンデラス)を調査に送り込む。反目しながらも調査を進める2人だったが、この発掘により、パレスチナ政府とエルサレム人民戦線、さらにバチカンの政治軋轢に巻き込まれていく。

「抹殺者」の解説

アントニオ・バンデラス主演、さらに『抹殺者』というタイトルから、以前あったようなアクション映画を想像してしまうけれど、本作でバンデラスが演じるのは、襟に白いカラーをつけた神父。舞台は中東イスラエルで、キリストにまつわる考古学がモチーフという、ちょっと異色な冒険アクションになっている。

イエス・キリストの遺骨をめぐり巻き起こる、宗教と政治の利害関係。そこに生まれた不穏な思惑を、凝ったストーリー展開で見せつける。エルサレムの狭い路地で所狭しと繰り広げられるカー・アクションや、街なかのテロシーンは迫力。秘宝への情熱と、3国間の緊張関係がミックスされて、層の厚いエンターテイメントとなった。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年10月19日
キャスト 監督ジョナス・マコード
出演アントニオ・バンデラス オリビア・ウィリアムズ ジョン・シュラプネル デレク・ジャコビ ジェイソン・フレミング ジョン・ウッド
配給 日本ヘラルド映画
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 110分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「抹殺者」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:43

広告を非表示にするには