ディアブロ 悪魔生誕 作品情報

でぃあぶろあくませいたん

神と悪魔に交わされた契約―キリスト生誕から2000年、悪魔の子が産み落とされた!

1991年、イギリスのマン島に暮らすクリスティ(ローラ・ハリス)は、テレビキャスターのハンサムな英国人・マーク(リチャード・リンターン)と結婚し、10ヵ月後、息子ディランを出産した。2000年、クリスティはディランとともに豪邸の豊かで幸福な生活を満喫していた。そして迎えたクリスマス。仕事で帰宅できなくなったクリスティは、親友のリニーにディランの様子を見てくれるよう留守電を残す。リニーから連絡もないまま、やっとマン島へ戻ったクリスティを待ち受けていたものは…。

「ディアブロ 悪魔生誕」の解説

『オーメン』のダミアンや『ローズマリーの赤ちゃん』、『エクソシスト』に『チャイルド・プレイ』のチャッキー(人形だけど)や、『光る目』の子供たち…ホラーやオカルト映画に登場する子供って、そこにいるだけでとにかく怖い。子供の邪気と無邪気の差が、大人には出せない戦慄を呼び起こす。『ディアブロ 悪魔生誕』のディランもそんな子供のひとり。

少年の体ながらも不気味な力で周囲を脅かす気味の悪さが、す~っと背筋を凍らせる。ドイツ生まれの監督・スタッフが、ヨーロッパ的なキリスト宗教観をふんだんにちりばめて描く、真っ向からのオカルト映画だ。2000年の昔にキリストと交わされた悪魔の契約、という物語の謎に、歴史の深いヨーロッパならではの恐怖の重みが感じられる作品。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年7月13日
キャスト 監督リチャード・シーザー
出演ローラ・ハリス リチャード・リンターン フランシス・マギー アリス・クリーグ ジョン・スタンディング
配給 K2エンタテインメント
制作国 アメリカ(2000)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ディアブロ 悪魔生誕」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:19

広告を非表示にするには