TOKYO 10+01(イレブン) 作品情報

とーきょーいれぶん

闇の男爵に集められた、やさくれ者が11人。生き残りをかけた鬼ごっこゲームが始まった!

食い逃げ常習犯やネット犯罪、スリやイカサマに密入国と、悪行を重ねてきた男女11人。彼らの前に謎の男・ミスターK(篠井英介)が姿を現し、これから行われるゲームについて説明を始めた。ハンターたちの攻撃をかわし、11時間以内に男爵の待つ屋敷へたどり着けば、賞金と過去の悪事の清算を約束される。しかし、1秒でも遅れたらゲームオーバー。そこには死が待っている。最後まで生き残るのは誰?ゲームが終わりを迎えたとき、影に潜む大きな陰謀があきらかになる!

「TOKYO 10+01(イレブン)」の解説

11時間のうちにゴールを目指す11人の男女に敵は2つ。命を狙うハンターたちと、賞金の独り占めをもくろむ仲間たち。殺る殺られるの生き残りゲームはどこか『バトル・ロワイアル』的でもあり、バラエティ番組にもあるような「時間内に、どこまで逃げ切れるか?」企画のようでもある。マシンガンからバリバリ弾かれる弾丸や、派手に血を吹く落伍者たち…と言っても、これがあくまで漫画チックなのが可笑しい。

ミスターKの大仰な立ち振る舞いや、手下の男たちのベタベタなギャグも大暴走。選ばれた11人の個性もユニークで、贋絵描き役の安藤政信とココを演じる加藤夏希、そして主人公のスネークを演じるEDDIEの3人だけはシリアス路線でドラマを作る。どことなく深夜のテレビ番組を思わせる雰囲気、結構好きな人も多いのでは…?

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年8月3日
キャスト 監督Higuchinsky
出演EDDIE 安藤政信 加藤夏希 篠井英介
配給 ケイエスエス
制作国 日本(2002)
年齢制限 R-15
上映時間 70分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TOKYO 10+01(イレブン)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:18

広告を非表示にするには