歩く、人 作品情報

あるくひと

北国の造り酒屋を舞台に、初老の男とその息子たちの関係を独特のリズムとユーモアで描く

北海道の小さな港町で、造り酒屋を営む信雄(緒形拳)は66才。2年前に女房をガンで亡くし、折り合いが悪い長男は12年前に家を出たまま。今は家業を継いだ次男と2人暮らしをしている。彼の日課は8キロ離れた鮭の孵化場まで毎日歩くこと。稚魚の成長が楽しみだが、そこで働く職員の美和子と語らうのも心の慰めだ。そんな中、亡き妻の3回忌をきっかけに、信雄と2人の息子たちは自分達の関係を見つめ直していくことになる。

「歩く、人」の解説

母親を欠いた男だけの家庭は、どこか本音を言いにくい、微妙なバランスの上に成り立っている。父親に反発する長男はプライド強く、頑固と父親似。そのくせ恋人だけには弱音も本音も吐くし、ワガママも言う。きっと父親と母親の関係もそうだったのだろう。その長男と対照的なのが、素直で自分の欲求を押さえがちな次男だ。彼は父と兄の間に入り、亡くなった母親の役割を埋めているようなもの。

この作品の見どころは、主演の緒形拳はもちろん、息子たちを演じた香川照之と林泰文の演技で、それぞれどこか不器用で身近にいそうな人物を好演しているところ。また、サン・サーンスの「動物たちの謝肉祭」のテーマが、緒形拳が雪道を歩いていくシーンに効果的に使われているのも注目だ。ユーモアが効いて最後にホロリとさせる、そんなホームコメディ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年9月7日
キャスト 監督小林政広
出演緒形拳 林泰文 香川照之 大塚寧々
配給 オフィスサンマルサン
制作国 日本(2001)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「歩く、人」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:15

広告を非表示にするには