チェルシーホテル 作品情報

ちぇるしーほてる

NYの街を静かに見守るチェルシーホテル。そこは、住人たちの息遣いが根付く永遠の場所

かつて画家や小説家、ミュージシャンなどのアーティストたちが愛したチェルシーホテル。長く滞在するものもいれば去るものもいる。グレース(ユマ・サーマン)はここに住み着いたひとり。詩人を夢見ながら、ウェイトレスとして働いている。そんなグレースに想いを寄せるのは画家のフランク(ヴィンセント・ドノフリオ)だ。初老の作家・バド(クリス・スリストファーソン)は、酒と女が欠かせない。ミネソタから出てきたミュージシャン、別れを知る恋人同士…こうしてそれぞれに時は過ぎていくのだった。

「チェルシーホテル」の解説

ベールで覆ったようにかすむ街の情景、にじむ光と揺れる闇が、幻想的な大都会NYを映し出す。イーサン・ホークが初めてメガホンを取った作品『チェルシーホテル』は、アーティストゆかりのホテルに滞在する人々の夢や、孤独を彩った美しい物語だ。ここに暮らす人々は、伝えられない愛だったり抜け出せない夢だったり、それぞれに何かを抱え込んでいる。そしてその誰もが、このホテルから離れられない。

この場所は、かつて多くの芸術家たちを魅了したように、磁石のように彼らをひきつけている。まるで、時を経てなお息づいている滞在者たちの魂が、愛や夢に不器用な人々にとって、たったひとつすがりつくことの出来る場所であるかのように。ここには、都会のドラマが限りなく広がっている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年8月3日
キャスト 監督イーサン・ホーク
出演ユマ・サーマン ロバート・ショーン・レナード スティーブ・ザーン クリス・クリストファーソン ヴィンセント・ドノフリオ ナターシャ・リチャードソン
配給 シネマパリジャン/メディア・スーツ
制作国 アメリカ(2002)
上映時間 109分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「チェルシーホテル」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-08-12 17:46:26

広告を非表示にするには