燃ゆる月 作品情報

もゆるつき

古代の因縁に翻弄される若者たちが愛に戦う。韓国のヒット作『銀杏のベッド』の続編

数百年の昔、世の支配をたくらむメ族はファサン族に追いやられた。メ族の末裔・スは、ファサン族のハンとの間に生まれたピ(チェ・ジンシル)を生贄に、再び天下支配を図る。ハンはピを奪い、故郷ファサンの村へ逃げ、ピは戦士のジョク(ソル・ギョング)とタン(キム・ソックン)、王族のヨン(キム・ユンジン)とともに育つ。次第にピは、純粋なタンと恋に落ちる。しかし、ジョクもまたピを密かに想い続けていた。ある日、聖なる山・神山に嵐が吹き荒れる。メ族がピを狙い動き出した。

「燃ゆる月」の解説

韓国の話題作『銀杏のベッド』の続編としてオールスター共演で作られた本作は、部族の運命を背負った4人の思いが交差する大河ロマン。親友同士のジョクとタン、恋に落ちたタンとピ、横恋慕するジョクと、ジョクを想うヨン。4人のうちで一番年上のチェ・ジンシルが、最も幼くはかなげなピを情熱的に演じている。

神が宿る山・神山の魂や天剣・チョンゴムなどの逸話を盛り込んではいるものの、伝説神話的な要素は4人の恋愛関係の裏方にまわり、やや見せ場の薄い感もある。王族の血を受け継ぐヨンは、『シュリ』で一躍注目スターとなったキム・ユンジン。ジョクへの想いを募らせながらも、最後まで彼を見守り、部族のために弓をひく高潔な姿がここ一番のロマンだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年6月15日
キャスト 監督パク・チェヒョン
製作カン・ジェギュ
出演ソル・ギョング キム・ユンジン チェ・ジンシル キム・ソックン イ・ミスク
配給 シネカノン、アミューズピクチャーズ
制作国 韓国(2000)
上映時間 117分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「燃ゆる月」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:40:02

広告を非表示にするには