うつつ 作品情報

うつつ

平凡な生活に突如現れた謎の女…。不確かな現実と妄想が錯綜するサスペンス

結婚して7年、互いのすべてを解りあった妻と何の不満もなく暮らしていた池島(佐藤浩市)は、ある雨の夜、突然現れた女・幾子(宮沢りえ)に「あなたの奥さんは私の夫と浮気しています」と告げられる。ばかげた話、と思いながらも次第に心は惑わされ、「私たちも彼らと同じことを…」と誘う幾子の言葉に落ちてゆく。それ以来、妻の行動の何もかもが信じられなくなった池島は、幾子との関係に溺れ、すべてが疑惑に包まれた恐ろしい現実へとはまりこんでいく…。

「うつつ」の解説

絶対的だと思われた信頼関係が、たった一行の言葉で見事に崩れおちていく。もしかしたら、信頼関係が強ければ強いほど、相手を知り尽くしていると思えば思うほど、疑惑はあっけなく湧くのかもしれない。『うつつ』は、そんな人間心理の溝に、スッと入り込んでくるようなサイコ・ドラマだ。物語は結婚記念日を祝う池島と妻の久美子の食卓シーンから始まるが、幸せなはずの冒頭シーンから、不気味な湿り気が漂っている。

雨の中、端正な和服姿で傘を差し出す宮沢りえの、冷たく見据えた魅惑的な瞳がその不気味さをさらに増長させ、観るものをたまらなく不安にさせる。ミステリーに定評の高い連城三紀彦の原作を、当摩監督がさらに捻り加えたエンターテイメント作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年6月1日
キャスト 監督当摩寿史
原作連城三紀
出演佐藤浩市 大塚寧々 宮沢りえ 小島聖
配給 日活
制作国 日本(2002)
上映時間 100分

(C)うつつ製作委員会

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「うつつ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:39:53

広告を非表示にするには