GIGANTIC ギガンティック 作品情報

ぎがんてぃっく

旅立ちの前、親友たちと共に過ごす特別な一夜。青年の友情と希望を描く青春映画

保護観察が解けたばかりのフロイド(フランク・ゲーリング)、バーガーショップでバイトするリコ(フローリアン・ルーカス)、自動車整備士のウォルター(アントニオ・モノー・ジュニア)は、ハンブルグで平凡な毎日を暮らしている。しかしフロイドは以前から、町を離れて自分の住むべき場所を見つける旅に出るつもりでいた。自分の夢を話し、翌朝出発することを告げるフロイドに、2人はショックを受けながらも、少しでも長く一緒に過ごせるようハンブルグ最後の夜へと繰り出していく。

「GIGANTIC ギガンティック」の解説

車のヘッドライトからゆっくりとボンネットへと上がり、カメラはハンブルグの港を眺める3人の平凡な青年を映し出す。そんなメロウなシーンからはじまる本作では、『トレインスポッティング』や『ラン・ローラ・ラン』を見た時と同じ、今を生きる若者たちの息づかいを感じることができる。変わらない毎日への焦りや憤りを抱く3人が、ともに過ごせる最後の夜。

肩輪運転のスタントやテーブルサッカーの賭け、酔って倒れ少女を病院に運び込むなど、とりとめも無い出来事はいつもより少しだけエキサイティングだったかもしれない。一夜が明けて映画が終わる頃、それらはすべて特別な出来事になっている。人生への希望や友情、そして「明日」へと続く予感を残してくれるさわやかな作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2002年6月1日
キャスト 監督・脚本セバスチャン・スキッパー
製作トム・ティクヴァ
出演フランク・ゲーリング フローリアン・ルーカス アントニオ・モノー・Jr
配給 クライドフィルムズ
制作国 ドイツ(1999)
上映時間 81分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「GIGANTIC ギガンティック」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-06 17:19:23

広告を非表示にするには