千と千尋の神隠し 作品情報

せんとちひろのかみかくし

宮崎駿の壮大なるイマジネーションに圧倒!興奮と感動のファンタジー・アニメ

千と千尋の神隠しのイメージ画像1

10歳の千尋(声・柊瑠美)が両親と共に引越し先の家に向かう途中、不思議な町に迷い込んでしまう。そこは、神々のためのお風呂屋を経営する魔女、湯婆婆(声・夏木マリ)に支配された妖怪の町だった。貪欲な両親はブタの姿に変えられてしまい、千尋は生まれて初めて一人ぼっちになってしまう。名前を千と変えられた彼女は、生き抜くために奇妙な妖怪たちを相手に必死に働き始める。

「千と千尋の神隠し」の解説

『もののけ姫』で世界中に注目された宮崎駿の待望の大作アニメ。無気力な少女が妖怪たちの町で孤軍奮闘するうちに、内に眠っていた生命力を甦らせていく。見たことのない妖怪たちが続々登場する、めくるめく不思議ワールドにあっという間に引き込まれる。躍動感あふれるアクションに、スピーディーな展開もひたすら気持ちよく、壮大なイマジネーションと「立ち上がれ」というまっすぐなメッセージに胸がいっぱいになる。

やたらに頭の大きい湯婆婆(ゆばーば)の迫力、コミュニケーション下手で何をするか分からないカオナシの不気味さなど、個性豊かな妖怪たちから目が放せない。ほかにも集団で行動する働き者の小さなススワタリ(『となりのトトロ』で登場)など、憎いほどかわいらしいキャラクターたちに思わず顔がほころんでしまう。

あわせて読みたい、関連ニュース

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年7月20日
キャスト 監督・原作・脚本宮崎駿
声の出演柊瑠美 入野自由 内藤剛志 沢口靖子 夏木マリ 菅原文太
配給 東宝
制作国 日本(2001)
上映時間 125分

(C)2001 二馬力・TGNDDTM [DVD情報/Amazonで購入]

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「エリカ」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-09-22

もうハクがかっこよすぎて!自分もあの街へ行きたい!ってか行きたすぎる!!!!ハクに会いたいー!!!!!!ハクマジでイケメンなので!最後は感動だし!


レビューを投稿する

「千と千尋の神隠し」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2018-11-02 16:48:30

広告を非表示にするには