ココニイルコト 作品情報

ここにいること

傷ついた女性に生きる希望を与えた青年との温かい出会い

24歳のコピーライターの志乃(真中瞳)は、不倫が発覚し大阪の営業局に飛ばされる。傷つかないために願ったり信じたりしないで生きてきた彼女は、すっかり無気力になっていた。隣の席には中途採用で入社した楽観的な青年、前野(堺雅人)がいた。いつも明るい彼のさりげない気配りと優しさに、志乃の心は次第に癒されていく。だが、やがて前野は会社を欠勤するようになる。

「ココニイルコト」の解説

岩井俊二の『Undo』『Love Letter』などでプロデューサーを務め、『はつ恋』で脚本を書いた長澤雅彦の監督デビュー作。TVで活躍する真中瞳を主演に迎え、傷ついた若い女性の心の成長を、ユーモアを交え優しいまなざしで見つめる。基になったのはノンフィクノンフィクション作家、最相葉月が実体験をつづったエッセイ。タイトル「ココニイルコト」は、共通のテーマを感じたという同名曲からつけられた。不倫に疲れ、心優しい青年との出会いによって自分を取り戻していくヒロインを真中瞳が好演。失意の底から徐々に立ち直り、生き生きとした表情に変わっていく微妙な心の変化をさわやかにとてもナチュラルに表現している。彼女を見守る青年役、堺雅人の明るい笑顔も映画全体を優しく包み込む。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年6月23日
キャスト 監督・脚本長澤雅彦
出演真中瞳 堺雅人 中村育二 黒坂真美
配給 日本ヘラルド映画
制作国 日本(2000)
上映時間 115分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ココニイルコト」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-06-23 18:06:25

広告を非表示にするには