TUVALU<ツバル> 作品情報

つばる

不思議な国のファンタスティックな物語がセピア色の映像で描かれるドイツの新鋭の話題作

素朴な常連客が集まるさびれた街にある室内プール。盲目の管理人カールの息子アントン(ドニ・ラヴァン)は、船長になることを夢見ているおとなしい青年だ。そんな彼が客の娘エヴァ(チュルパン・ハマートヴァ)にひとめぼれ。二人は少しずつ親しくなるが、そんな中、プールの再開発プロジェクトを企むアントンの兄グレーゴルの陰謀で、プールが存続の危機に立たされる。

「TUVALU<ツバル>」の解説

各映画祭で数々の賞を受賞した、ドイツ出身のファイト・ヘルマーの監督デビュー作。いつの時代とも、どこの国とも定かでないとある場所を舞台に、室内プールに集まる人々の悲喜こもごもを描く、ハートフル・ストーリーだ。モノクロフィルムを何回にも分けてカラーフィルムにコピーして創り上げたというセピア色の映像が、何ともいえない温かみのある独特の味を醸し出している。会話もほとんどなく、古き良き時代のサイレント映画のような趣き。ノスタルジックで幻想的なムードに、ヒロイン、チュルパン・ハマートヴァの純粋無垢なかわいらしさ、透明感のある魅力が見事にハマっている。ドニ・ラヴァンをはじめ登場人物たちの個性豊かな面々も、奇妙なおかしさを漂わせている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2001年2月17日
キャスト 監督・製作ファイト・ヘルマー
音楽ユルゲン・クニーパー
出演ドニ・ラヴァン チュルパン・ハマートヴァ フィリップ・クレー
配給 アルシネテラン
制作国 ドイツ(1999)
上映時間 92分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「TUVALU<ツバル>」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:37:16

広告を非表示にするには