2018年5月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、ゴールデンウィーク後半の4連休となった『名探偵コナン ゼロの執行人』(東宝)が、土日2日間で動員万41万8000人、興収5億5200万円をあげ、4週連続の首位を達成!

集計日付:2018年5月5日~5月6日

 ゴールデンウィーク後半の4連休となった今週の映画動員ランキングは、『名探偵コナン ゼロの執行人』(東宝)が、土日2日間で動員万41万8000人、興収5億5200万円をあげ、4週連続の首位を達成。先週は初登場の『アベンジャーズ』に興収では及ばなかったが、今週末は動員興収ともに1位となっている。累計では動員479万人、興収62億円を突破。劇場版シリーズ6作連続での更新に向け順調な興行を続けている。

  先週2位スタートを切った『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(ディズニー)は、土日2日間で動員26万6000人、興収4億800万円をあげ順位をキープ。累計では動員171万人、興収25億円を突破している。

  東野圭吾デビュー30周年記念作品である同名ミステリー小説を、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰の初共演で映画化した『ラプラスの魔女』(東宝)は、土日2日間で動員20万8000人、興収2億7800万円をあげ3位に初登場。5月4日(金・祝)の公開から3日間の累計では動員37万3000人、興収4億9500万円をあげる好スタートを切った。監督は「無限の住人」「土竜の唄 香港狂騒曲」の三池崇史。豊川悦司、玉木宏、リリー・フランキー、高嶋政伸、檀れい、志田未来ら多彩な実力派俳優が脇を固める。

  『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』(松竹)は、6位にランクイン。1979年にTV放送された「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインやアニメーションディレクターを務めた安彦良和による累計発行部数1,000万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズのアニメプロジェクト完結編となる第6話。総監督を安彦氏自らが務め、「機動戦士ガンダム」に至る物語が描かれる。声の出演は池田秀一、古谷徹、浦山迅ほか。

  既存作品では、先週と変わらず4位をキープしている『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ -拉麺大乱-』(東宝)が、累計で動員124万人、興収14億円、5位の『レディ・プレイヤー1』(ワーナー)が動員115万人、興収18億円、6位の『リメンバー・ミー』(ディズニー)が動員380万人、興収47億円、8位の『ボス・ベイビー』(東宝東和)が動員287万人、興収33億円を突破している。

最終更新日:2018-08-22 14:00:20

広告を非表示にするには