2018年3月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、『映画ドラえもん のび太の宝島』(東宝)が、土日2日間で動員59万9000人、興収7億400万円という2位以下の作品と一線を画す圧倒的強さで2週連続の首位を獲得!

集計日付:2018年3月10日~3月11日

 今週の映画動員ランキングは、『映画ドラえもん のび太の宝島』(東宝)が、土日2日間で動員59万9000人、興収7億400万円という2位以下の作品と一線を画す圧倒的強さで2週連続の首位を獲得。累計では早くも動員145万人、興収17億円を突破し、昨年新シリーズ最高興収の44.3億円の大ヒットを記録した「のび太の南極カチコチ大冒険」を超え、記録を塗り替えることができるのか注目される。

  女優・吉永小百合の120本目の出演作であり、「北の零年」、「北のカナリアたち」に続く“北の三部作”の最終章『北の桜守』(東映)は、土日2日間で動員18万9000人、興収2億1600万円をあげ2位に初登場。監督は「おくりびと」の滝田洋二郎が務め、堺雅人、篠原涼子、阿部寛、佐藤浩市ら豪華共演陣が脇を固める。

  『去年の冬、きみと別れ』(ワーナー)は、土日2日間で動員12万3000人、興収1億6500万円をあげ5位スタートを切った。「教団X」で知られる芥川賞作家・中村文則の“最高傑作”と称されるサスペンス小説を、「犯人に告ぐ」、「脳男」、「グラスホッパー」など数多くのサスペンス、ミステリー作品を手掛けてきた 瀧本智行監督が実写映画化。主演はEXILE、三代目J Soul Brothersとして活動する傍ら、「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」、「HiGH&LOW」シリーズなど、俳優としても高い評価を受けている岩田剛典。共演は山本美月、斎藤工、浅見れいな。

  第57回小学館漫画賞一般向け部門受賞、「このマンガがすごい!2009オンナ編」第1位に輝く小玉ユキの伝説的コミックを、知念侑李、中川大志、小松菜奈の共演で実写映画化した『坂道のアポロン』(東宝/アスミック・エース)は8位にランクイン。監督は「青空エール」「ホットロード」「アオハライド」など、数多くのコミック原作の青春映画を成功に導いた三木孝浩。

  ほか新作では『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』(松竹メディア事業部)が、10位にランクイン。昨年7月から放映されている特撮TVドラマ「ウルトラマンジード」の劇場版。

  既存作品では、3位の『グレイテスト・ショーマン』(FOX)が累計興収27億円を、6位の『空海 -KU-KAI-美しき王妃の謎』(東宝/KADOKAWA)が累計興収11億円を突破している。

最終更新日:2018-03-20 15:30:02

広告を非表示にするには