2018年2月 第4週の映画ランキング

今週のランキングは、『グレイテスト・ショーマン』(FOX)が土日2日間で動員24万4000人、興収3億6400万円と、落ちの少ない興行で、2週連続の首位に立った!

集計日付:2018年2月24日~2月25日

 今週の映画動員ランキングは、『グレイテスト・ショーマン』(FOX)が土日2日間で動員24万4000人、興収3億6400万円と、落ちの少ない興行で、2週連続の首位に立った。レディースデイには1億円以上の興収をあげるなど平日の集客も良く、映画サービスデイを迎える今週もさらなる高稼働に期待がかかる。

  『空海 -KU-KAI-美しき王妃の謎』(東宝/KADOKAWA)は、土日2日間で動員22万9000人、興収2億8300万円をあげ2位に初登場。「陰陽師」シリーズなどで知られるベストセラー作家、夢枕獏の小説を原作に、巨匠チェン・カイコーが若き日の天才僧侶・空海を描く日中共同製作のエンターテイメント大作。空海を染谷将太、空海の相棒となる稀代の詩人・白楽天(後の白居易)を中国の実力派人気俳優ホアン・シュアン、楊貴妃をチャン・ロンロン、空海と白楽天が追う怪事件のカギを握る人物・阿倍仲麻呂を阿部寛が演じるほか、日本からは松坂慶子や火野正平らが参加。また、日本語吹替版には、白楽天に高橋一生、楊貴妃に吉田羊、さらには東出昌大、イッセー尾形、寛一郎、六角精児など、バラエティに富んだ実力派俳優が出演している。

  『さよならの朝に約束の花をかざろう』(ショウゲート)は、土日2日間で動員3万2000人、興収4800万円をあげ、4位でスタートを切った。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」などヒット作の脚本を手掛けてきた岡田麿里が初監督を務めたオリジナル長編アニメーション映画。声の出演は石見舞菜香、入野自由、茅野愛衣ら。

  既存作品では、『今夜、ロマンス劇場で』(ワーナー)が、ひとつ順位を落とし3位。累計では動員55万人、興収7億円を突破している。5週連続ランクインの『祈りの幕が下りる時』(東宝)も、先週からひとつ順位を落としているものの、累計ではまもなく動員112万人、興収14億円に迫る勢いだ。9位の『ジオストーム』(ワーナー)は累計で動員86万人、興収12億円を突破。10位に留まり11週連続のランクインを果たした『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(ディズニー)は、累計で動員500万人、興収74億5000万円を突破している。

最終更新日:2018-08-22 14:00:07

広告を非表示にするには