2017年9月 第1週の映画ランキング

今週のランキングは、『関ヶ原』(東宝/アスミック・エース)が、土日2日間で動員21万3600人、興収2億7130万円をあげ2週連続1位を獲得!

集計日付:2017年9月2日~9月3日

 今週の映画動員ランキングは、『関ヶ原』(東宝/アスミック・エース)が、土日2日間で動員21万3600人、興収2億7130万円をあげ2週連続1位を獲得。1位のみならず2位以下7位までが作品、順位ともに先週とまったく同じという珍しい展開の週末となった。

  『怪盗グルーのミニオン大脱走』(東宝東和)は、土日2日間で動員13万人、興収1億6300万円をあげ2位をキープ。累計興収は66億5000万円を突破し、日本の歴代興収ランキングTOP100入りを果たしている。

  先週初登場3位でスタートを切った『ワンダーウーマン』(ワーナー)は、土日2日間で動員11万3000人、興収1億6600万円をあげ3位をキープ。4位の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(東宝)は、土日2日間で動員7万8000人、興収1億400万円をあげ、累計興収は11億8000万円を突破。5位の『君の膵臓をたべたい』(東宝)が累計興収28億円7000万円、7位の『スパイダーマン:ホームカミング』(ソニー)が25億円、9位の『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』(東宝)が33億1000万円を突破。

  新作では『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』(松竹)が、8位に初登場。1979年にTV放送された『機動戦士ガンダム』のキャラクターデザインやアニメーションディレクターを務めた安彦良和による累計発行部数1,000万部を誇る大ヒットコミックス『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』シリーズのアニメ化第5話。総監督を安彦氏自らが務め、『機動戦士ガンダム』に至る物語が描かれる。

  ジャッキー・チェン主演作『スキップ・トレース』(KADOKAWA)は、10位にランクイン。ジャッキーとコンビを組むのは「ジャッカス」シリーズ、「メン・イン・ブラック2」のジョニー・ノックスヴィル。「ダイ・ハード2」「クリフハンガー」のレニー・ハーリンがメガホンをとっている。

  2016年のカンヌ映画祭で絶賛されたのをきっかけに、各国の映画祭で上映され、156ヵ国からの買付オファーが殺到、アメリカでのリメイクも決定した韓国発のサバイバルパニックアクション『新感染 ファイナル・エクスプレス』(ツイン)は、僅差で11位につけている。

最終更新日:2017-09-12 15:30:36

広告を非表示にするには