2016年12月 第2週の映画ランキング

今週のランキングは、人気ゲームアプリの劇場版アニメーション『モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ』(ワーナー)が土日2日間で動員39万人、興収4億4000万円をあげて初登場1位を獲得!

集計日付:2016年12月10日~12月11日

 人気ゲームアプリの劇場版アニメーション『モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ』(ワーナー)が土日2日間で動員39万人、興収4億4000万円をあげて初登場1位を獲得。映画館に行くと無料で限定ガチャが引ける“映画館がヤバい!キャンペーン”等、ゲームファン層向けのキャンペーンを行い、普段映画を観ない客層を集客出来たことが大ヒットの一因になったと思われる。「モンスト」の開発に協力する小学生、レンが主人公。レンはチームメイトと研究所の地下で現実世界にいるはずのないドラゴンを見つけ、元にいた世界に返そうと旅に出る。声の出演は坂本真綾、村中知、水樹奈々、山寺宏一、北大路欣也。監督は江崎慎平。

  2週連続1位だった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は、順位こそ2位に落ちたものの土日2日間で動員38万人、興収5億6600万円と落ちの少ない好調な興行を続け、累計興収は早くも41億円を超えている。

  5人の仮面ライダーがチームとなって人類の危機と対峙する『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(東映)が土日2日間で動員22万8000人、興収2億7600万円をあげ3位にランクイン。出演はエグゼイド役の飯島寛騎、ゴースト役の西銘駿ほか、瀬戸利樹、山本涼介、博多華丸、野村宏伸、佐野史郎。

  出光興産創業者の出光佐三氏をモデルに描いたという百田尚樹の同名ベストセラー小説を映画化した『海賊とよばれた男』(東宝)が土日2日間で動員22万4000人、興収2億8600万円をあげ4位に初登場。山崎貴監督と主演の岡田准一は約3年ぶりのタッグ、「永遠の0」チームも再集結しCG・VFXを駆使して、石油事業を通じて戦後日本に大きな影響を与えていくひとりの男を描く。岡田准一は青年期から90歳までを一人で演じきった。共演は吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、綾瀬はるか、堤真一。

最終更新日:2016-12-22 10:49:10

広告を非表示にするには