Facebookから生まれたラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』初夏公開決定

Facebookから生まれたラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』初夏公開決定
提供:シネマクエスト

Facebook で知り合った、台湾全力女子「リンちゃん」と日本人緩慢男子「モギさん」が距離を縮め、ゴールインするまでの過程をたどる、ノンフィクション・ラブストーリー『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』が、初夏新宿シネマカリテ他順次公開となることが決定した。

本作で描かれる物語は実話から生まれたもの。Facebook で出会ったリンちゃんとモギさんの日常を紹介する Facebook ページ「雖然媽媽説我不可以嫁去日本。」は 32 万人のファンを突破し、日本が好きな台湾人女子は台湾が好きな日本人から支持を受けている。原作者二人のFacebook が話題になったSNS発祥のLOVESTORY。ブログは Facebook の内容を読みやすくまとめ、公開後大反響を呼んだウェディングフォトを収録した書籍「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(新潮社)が発売されている。

監督は、谷内田彰久。大阪芸術大学卒業後、数多くの TV ドラマ、CM に携わり、2016 年TV ドラマ「拝啓、民泊様」では原作・監督を手掛け、本作に出演する中野裕太とタッグを組んでいる。

「リンちゃん」を演じるジエン・マンシューは、テレビドラマ「あの日を乗り越えて」等が放送され日本ではアイドル的なイメージですが、若手発掘を目的とされる映画祭で助演女優賞を獲得するなど、台湾では演技派の注目女優。今回、大胆で活発、くるくる変わる表情が魅力的な「リンちゃん」を作り上げげている。「リンちゃん」の夫となる「モギさん」役は、中野裕太。少し控え目だけど、実は「リンちゃん」を大切にしたいと思っている、そんな「モギさん」を演じる自然体の演技が魅力だ。

今回公開されたメインスチールは、ジエン・マンシュー演じるリンちゃんの無邪気な笑顔と中野裕太演じるモギさんの温和な笑顔に癒やされる仲睦まじいカットである。国境を越えて二人がどのように出会い、どのように恋を育み、ゴールインするのか。さまざまな展開が期待できるカットである。

最終更新日
2017-02-23 12:00:33
情報提供元
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには