『美女と野獣』「プレミアム吹替版」キャスト総勢11名発表!

『美女と野獣』「プレミアム吹替版」キャスト総勢11名発表!
提供:シネマクエスト

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション『美女と野獣』が、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニー渾身の実写映画として新たに生まれ変わる。スケールやクオリティにおいて世界がディズニーに求めた全てを兼ね備えつつ、その予想や期待を遥かに超越した、100年語り継がれる史上空前のエンターテイメントが誕生!
予告篇の1日の再生回数が映画史上歴代1位を記録するなど、世界中ですでに話題沸騰のディズニー最新作『美女と野獣』。

日本公開に先立ち、1月31日(火)に本作の「プレミアム吹替版」キャスト発表会が実施された。珠玉のドラマはもちろんミュージカル・シーンにも期待が集まる映画であることから、かねてよりファンの間で「演技力だけでなく歌唱力も兼ね備えたキャスト」が切望されていた本作。その期待に応えるように、本作の吹替版には、映画、TVやミュージカル、舞台など日本のエンターテインメント界で活躍を見せる11名の豪華キャストが集結。映画の枠を超えた究極のエンターテインメント「プレミアム吹替版」の制作が決定。ついに待望のキャストが明らかとなった!

ヒロインのベル役は、ミュージカル界の“新世代の歌姫”として支持される若手注目株の<昆夏美>に決定!舞台女優としてはもちろん歌手活動でも高い評価を受け、さらなる飛躍が期待されるなか、この度世界の女性が憧れる「ベル」役に大抜擢された。そんなベルと心を通わせ優しさを取り戻していく「野獣」役に選ばれたのは、舞台だけでなくドラマやバラエティなど幅広い活躍を見せる<山崎育三郎>!話題作への出演が続きお茶の間でも人気急上昇中の山崎が、ミュージカル俳優として培ってきた抜群の演技力・表現力で、繊細な野獣の声を演じている。今最も注目される実力派ふたりによって新たな命が吹き込まれた“ベルと野獣”に、今後も熱い視線が注がれること間違いなし!岩崎宏美、村井國夫、吉原光夫、藤井隆、成河、小倉久寛、濱田めぐみ、島田歌穂、池田優斗という若手からベテランまで豪華キャストたちが脇を固め、まさに本作でしか実現できなかった「プレミアム吹替版」が作品をさらに盛り上げている。

さらに同日行われた発表会では、総勢11名のキャストたちが、本作を代表する名曲「美女と野獣」の生歌パフォーマンスを披露。会場に圧巻のハーモニーを響かせた。11名そろっての生歌披露は今回が最初で最後となり、空前のスケールで贈るエンターテインメント超大作の幕開けにふさわしい、スペシャルかつ貴重な機会となった。

世界中が待ち望む新作映画『美女と野獣』にふさわしい、注目の人気実力派が集結した「プレミアム吹替版」。ファンならずとも必見の、豪華キャストによる圧巻のパフォーマンスにさらに期待が高まる!映画『美女と野獣』の日本公開は、4月21日(金)。色鮮やかなビジュアルやエモーショナルな名曲の数々、そしてベルと野獣の出会いを通して、“かけがえのない自分の輝きを信じる”ことの大切さを感じられる本作は、きっとあなたの胸に響くはず。ディズニーが贈る、100年語り継がれる新たなエンターテインメントに期待したい。

最終更新日
2017-02-01 08:00:50
情報提供元
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには