木村拓哉、カンヌ国際映画祭で歓び語る!映画『無限の住人』がアウト・オブ・コンペティション部門に選出

木村拓哉、カンヌ国際映画祭で歓び語る!映画『無限の住人』がアウト・オブ・コンペティション部門に選出

 現在フランスで開催中の第70回カンヌ国際映画祭。木村拓哉さん主演の映画『無限の住人』がアウト・オブ・コンペティション部門に選出され、レッドカーペットイベントに木村拓哉さん、三池崇史監督、共演の杉咲花さんが出席しました。会場では木村さんのうちわを手にしたファンの姿もあり、カンヌの地でも人気は健在のようでした。
 『無限の住人』は、海外でも高い評価を受ける沙村広明の人気コミックを実写映画化したアクション。無為に生きる不死身の剣士・万次(木村)と、復讐のために彼を用心棒として雇った少女・凜(杉咲)が、壮絶な戦いに身を投じる姿が描かれています。

木村さんがカンヌ国際映画祭に参加するのは第57回のコンペティション部門に出品された『2046』(ウォン・カーウァイ監督)以来実に13年ぶり。公式会見では”日本の映画”で招待されたことはうれしい、と語っていました。

第70回カンヌ国際映画祭は現地時間28日まで開催。映画『無限の住人』は絶賛上映中です!是非劇場に足を運んでみてください。

最終更新日
2017-05-19 11:00:00
情報提供元
ジョルダン

広告を非表示にするには