永井豪50周年記念「デビルマン」を湯浅政明監督がアニメ化!2018年初春、Netflixにて独占全世界配信

永井豪50周年記念「デビルマン」を湯浅政明監督がアニメ化!2018年初春、Netflixにて独占全世界配信1
永井豪50周年記念「デビルマン」を湯浅政明監督がアニメ化!2018年初春、Netflixにて独占全世界配信2

 原作者・永井豪50周年を記念し、漫画史に残る大傑作、原作漫画「デビルマン」をNetflixオリジナルの新作アニメとして、2018年初春に全世界190カ国で全世界独占配信することが16日発表された。タイトルは『DEVILMAN crybaby』。

原作コミック「デビルマン」は、1972年より漫画誌『週刊少年マガジン』(講談社)で連載。全世界での単行本発行部数が累計5,000万部を記録。海外でも高い人気があり、英語圏を始め、イタリア・香港・フランス・韓国など、多数の国で翻訳版が出版されています。これまで、映画、アニメ・ゲーム・小説・派生マンガなど、多くのメディアミックスが行われ、日本を代表する作品。

監督は『ピンポン THE ANIMATION』など多くのハイクオリティな作品を手掛け、『夜は短し歩けよ乙女』(4月7日公開)、『夜明け告げるルーのうた』(5月19日公開)と二カ月連続劇場公開が控える、アニメーション作家、湯浅政明監督。日本を代表するクリエイターが、日本を代表する原作漫画のアニメ化に挑戦します!2017年度はまさに【湯浅政明監督イヤー】と言っても過言ではないでしょう。全く違ったタイプの作品を作り続ける湯浅監督が、この伝説の原作漫画をどのように描くのか、注目が集まります。

脚本には、「コードギアス 反逆のルルーシュ」を始め、「甲鉄城のカバネリ」など、
ドラマ性の高いストーリーを描くのを得意とする脚本家、大河内一楼。音楽は牛尾憲輔が参加し、牛尾は湯浅政明監督作『ピンポン THE ANIMATION』にて音楽を担当。企画、プロデュースは、アニプレックスとダイナミック企画が行い、世界に向けたデビルマンをつくる、最高のスタッフがここに集結しました。

そして、原作ファンなら一番気になる点、それは今まで一度も実現されず、描かれたことがなかった【原作漫画の結末】までをアニメーション化すること。飛鳥了と不動明の出会いから、デビルマン誕生、そしてデビルマン対サタンのハルマゲドンまでを、この『DEVILMAN crybaby』では描き切ります。

『DEVILMAN crybaby』はNetflix独占で全世界190カ国にて配信。日本語の他9ヶ国語に吹き替え、字幕版は25ヶ国語で配信されます。

■STAFF
原作 永井豪「デビルマン」
監督 湯浅政明
脚本 大河内一楼
音楽 牛尾憲輔
アニメーション制作 サイエンス SARU
Produced by Aniplex Inc./Dynamic Planning Inc.
In Association with Netflix
------------------------------------------
Executive Producer:岩上敦宏 永井隆 上木則安
Producer:新宅洋平 永井一巨
Animation Producer:Choi Eunyoung
(C)Go Nagai-Devilman Crybaby Project

最終更新日
2017-03-16 09:00:00
情報提供元
『DEVILMAN crybaby』公式サイト(引用元

広告を非表示にするには