“空と海が出会う”ディズニー最新作『モアナと伝説の海』加藤ミリヤが歌う日本版エンドソング特別MV公開

“空と海が出会う”ディズニー最新作『モアナと伝説の海』加藤ミリヤが歌う日本版エンドソング特別MV公開1
“空と海が出会う”ディズニー最新作『モアナと伝説の海』加藤ミリヤが歌う日本版エンドソング特別MV公開2

 2014年空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016年『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。公開が近づくにつれ期待が高まっている中、加藤ミリヤが歌う本作のエンドソング「どこまでも~How Far I’ll Go~(エンドソング)」の特別MVが完成。本作で描かれる壮大で美しい海と、加藤ミリヤが海で撮影した映像が見事にマッチし、まるで映画の世界に入り込んだかのような映像となっている。

 本作は、海に選ばれた少女モアナが主人公。モアナは美しい海に囲まれた島で育ち、劇中でもまるで実写のような海の映像美を堪能することができる。公開された特別MVでは、加藤ミリヤが伸びやかで力強い歌声を披露している。加藤は歌のポイントについて「特に大切にしているところはサビですね。『空と海が出会うところは』という歌い出しの部分なのですが、想像しただけでとても美しいと思いませんか?空と海がひとつになっていて“境目がわからないくらい同じ色合いでグラデーションになっている”というイメージで歌いました」とコメント。映像では加藤が波打ち際で歌う姿や、大自然の中まっすぐ突き進む姿が映され、加藤ミリヤがそのまま映画の世界に入り込んでいるかのようだ。

 ディズニー・アニメーションが大好きだったという加藤ミリヤ。今までの作品と比べて本作は「今まで自分が思っていたディズニー映画の世界観の音楽とは違ったものがありました」と音楽の違いを明かす。「(今回は)本当に攻めているなと思いました。時代によって流行っている音楽や移り変わりがある中で、ラップがあったりとても今っぽい音楽性で、音だけでも楽しめるし、絶対にサントラをほしいと映画を観ながら思っていました」。加藤は普段、自分で作詞作曲を手掛けているため、「人に書いていただいた歌を歌う経験がほとんどなくて、歌詞を熟読することから入りました」と自分なりに解釈しようとした。「(モアナは)“変わりたい”、“自分の世界を広げたい”、“見つけたい”という強い思いがある女の子なので、私の歌で意思や気持ちの強さが伝わればいいなと思っていました」と意識して歌ったそうだ。

 本作ではモアナの海に出たいけれど、両親から反対され葛藤する描写が丁寧に描かれる。それは10代の頃、本当にやりたいことは何なのか、自分は何者なんだろうと誰もが感じる思いに通じる。若い世代からの圧倒的な支持を誇る加藤ミリヤもそんなモアナに共感できたという。「モアナは自分を見ているようでした。16歳の自分を鮮明に思い出しました。例えば、だめだと言われても海に出て行くところ。私もだめだと言われても自分がやりたかったらやっちゃうところがあったので、すごくわかるなと思いました」とモアナと自身を重ねた所もあったようだ。加藤が歌うエンドソング「どこまでも ~How Far I’ll Go~(エンドソング)」は、日本語吹替版のエンドロール時に流れる曲。力強く美しい歌声に、最後まで楽しんでほしい。

 ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』は3月10日(金)より公開。
-------------
(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

最終更新日
2017-03-07 18:10:00
情報提供元
公式Youtube(引用元

広告を非表示にするには