エマ・ワトソン主演「美女と野獣」の全編を生演奏付きで鑑賞するプレミアムなライブ・オーケストラ先行発売中!

エマ・ワトソン主演「美女と野獣」の全編を生演奏付きで鑑賞するプレミアムなライブ・オーケストラ先行発売中!

実写版「美女と野獣」のライブ・オーケストラ 大阪公演開催決定!

 4月21日(金)に日本公開が予定されているディズニー映画最新作、エマ・ワトソン主演「美女と野獣」。その日本公開記念として、「美女と野獣」の全編をフルオーケストラ生演奏と合わせて楽しむ公演が、4月29日(土・祝)30日(日)に東京国際フォーラム・ホールAで開催がされることが話題の中、このシネオケ(R)公演が大阪のフェスティバルホールで5月1日(月)に開催されることが決まりました。
 日本が世界初演の地となるこの実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラは、 劇場公開中の映画作品がシネオケとして公演されるのは世界初ということもあり、 国内外から注目されています。

 1991年にアメリカで公開されたディズニー『美女と野獣』は、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、同時に3曲が歌曲賞の候補にあがるなど、音楽の持つ力が高く評価されました。オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」を始め、「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、いまも世界中で愛され続けている名曲ぞろい。 26年の時を経て実写化された本作には、アニメーション版に登場したすべてのミュージカルナンバーが使われているうえ、3曲の新曲が加わります。ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが書き下ろした楽曲は、ストーリーにより深みを与える、美しくエモーショナルなナンバーばかり。 今回の公演『実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ』にあたり、アラン・メンケンはメッセージを寄せています。

— アラン・メンケン コメント—
「生のオーケストラでスクリーンに映し出された映画を観るのは全く違う次元の素晴らしさです。 スクリーンの映像に合わせて、 生演奏が流れるのですからね。
テレビやiPad、 iPhoneの画面で、 映画をいつでも繰り返し観ることができるのはとても便利です。 しかしミュージシャンがステージ上で生演奏するシチュエーションの中で、 映像を間近に観ることができる醍醐味は、 映画が上映されているその瞬間に身を置くことができるということです。 まず第一に、 実際に耳にする音や、 その場で感じ取るものを含め、 実際に体験できることが全く異なります。 そしてライブ演奏する人達が作品を再構築することができるというコンセプトは素晴らしいと思うのです。 」

巨大なスクリーンに映し出される映画の中のエマ・ワトソンの歌声と、ニコラス・バックの指揮によってフルオーケストラがライブで奏でる音楽が紡ぎ出す、夢のようなコンサート。ディズニー実写映画「美女と野獣」の全編とともに会場でしか味わえない、素晴らしい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

■実写版「美女と野獣」ライブ・オーケストラ
【東京公演】
2017年4月29日(土・祝)13時開演/18時開演
   4月30日(日)   11時開演/16時開演
会場:東京国際フォーラム・ホールA(東京・有楽町)
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
英語上映・日本語字幕あり

【大阪公演】
2017年5月1日(月)19時開演
会場:フェスティバルホール
指揮:ニコラス・バック
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
英語上映・日本語字幕あり

お申し込み、 公演内容詳細は公式HPで  http://disney.jp/bb-concert/

最終更新日
2017-03-06 15:30:00
情報提供元
ジョルダン

広告を非表示にするには