トム・クルーズ、イーサン・ハントは不死身

トム・クルーズ、イーサン・ハントは不死身
提供:シネマクエスト

トム・クルーズ(56)は自身が演じる「ミッション・インポッシブル」シリーズの主人公が死ぬことは考えられないという。最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』が海外で封切られ話題になる中、同シリーズ6本でIMFのスパイ、イーサン・ハントを演じ続けているトムは、作品ごとにアクションシーンの過激さが増すものの、まだ数本はいけると強調する。トムはイーサンはいつか殺されるのではとの質問に、「いやいや、それは決して起こらない。絶対にない」と念を押した。そして前作に引き続き最新作の監督を務めたクリストファー・マッカリーもトムと同意見のようで、「興味深いことだ。私はそれ(イーサンの散り際)がわからないんだ。どうやって満足のあるやり方で終わらせることができるのか。考えるに(作品の中で)、誰だって殺すことはできる。どんなキャラクターだって死ぬのは可能だ。それに理由があるなら」「崇高な死を与えることだってできる。でもキャラクターが死ぬ際、自分にとって一つ腑に落ちない点が出てくるんだ。この死は十分に崇高だったのかって」

最終更新日
2018-08-01 10:10:39
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには