初代ボンドガール、ユーニス・ゲイソンが死去

初代ボンドガール、ユーニス・ゲイソンが死去
提供:シネマクエスト

初代ボンドガールとしても知られる英女優のユーニス・ゲイソンが死去した。90歳だった。『007 ドクター・ノオ』『007 ロシアより愛をこめて』でシルヴィア・トレンチ役を演じていたユーニスが8日(金)、この世を去ったことが公式ツイッターで発表された。ユーニスの役どころは、当時ショーン・コネリーが演じていたジェームズ・ボンドの決まり文句、「ボンド、ジェームズ・ボンド」というセリフを導き出したことでもシリーズ史上最も重要な役の1つとなっていた。映画『フランケンシュタインの復讐』やテレビドラマ『セイント天国野郎』などにも出演していたユーニスは、2012年のインタビューの中で、ショーンがそのセリフを言うまで苦戦していたというエピソードを明かしており、監督のテレンス・ヤングから2人で1杯飲んでくるように勧められ、その後にショーンは見事に演じたと話していた。

最終更新日
2018-06-13 10:20:20
提供
シネマクエスト(引用元

広告を非表示にするには